マツタケ収穫が本格化 産地から続々入荷 豊作に期待

地域の話題

[ 2014年 9月 19日 金曜日 11時06分 ]

 飯田下伊那のマツタケの産地でマツタケの収穫が本格化し、豊丘村役場に隣接する飯伊森林組合北部支所には近隣の農家から次々に持ち込まれている。8月に雨が多く、成長は例年に比べると2週間ほど早い。今月下旬から来月上旬にかけて収穫のピークを迎えそうで、関係者は豊作に期待している。

 北部支所の店頭には多くのマツタケが並び、買い求める人でにぎわっている。17日は豊丘を中心に松川、高森、喬木の近隣町村などから180キロが入荷。18日も早朝から次々に持ち込まれ、職員が重さを量るなどの対応に追われていた。大きいもので長さ25~30センチ、300グラム近いものもある。ことしは8月28日から持ち込まれ、平年より2週間早い。

 マツタケはアカマツの根元に菌の集まった「シロ」を作り、涼しくなると菌が活発になり、発生する。

 朝夕の気温が20度以下であることがマツタケに適した生育条件。地温が下がったことで出始めたものの菌が活発した後で再び気温が上がると、菌が死ぬこともある。

 同支所によると、お盆ごろから雨の日が続いたことでマツタケの成長が進んだとみられ、金原史人支所長は「これほど早い年も珍しい。まだ予想がつかないが、もう少し雨が降り、気温がぶり返さなければ期待できるのでは」とみている。

 一方、マツタケ料理を扱う観光園では営業開始に向けて準備を進める。豊丘村堀越区の住民がマツタケ料理を提供する「堀越まつたけ観光」は20日、営業開始日を決める。区長の武田勝さんは「きれいな上質のものが出ており、営業開始は昨年より早まりそうだ」と話した。

 喬木村大島区のマツタケ観光園「大島山の家」は今月中に営業を開始する予定。組合長の内山重金さんは「昨年に比べると生育は良く、例年並みに受け入れられるのでは」と期待を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26