ミニカブトムシ発見、阿南町の信州アトムで展示

地域の話題

[ 2010年 8月 8日 日曜日 18時31分 ]

 阿南町東条の信州あなんトータルマーケティング(信州アトム)で、通常の半分ほどの大きさのミニカブトムシが展示され、訪れた人の注目を集めている。1匹だけでなくたくさん数が見つかっているという。

 ミニカブトムシは同町南条の三浦敏文さん(61)が見つけた。一昨年前に荒廃した竹林を整備して粉砕機でチップにしたという三浦さん。ことし肥料として畑に入れようとしたところ、カブトムシのサナギが大量に見つかった。

 カブトムシはオスとメスをつがいにして箱に入れ、信州アトムを通じてリンゴの里やおよりてファームなどJAみなみ信州の直売所で販売。ここへ来て通常の大きさの半分ほどのミニカブトムシが見つかるようになってきた。

 ミニカブトムシは角がありちゃんとした形だが、大きさは500円玉硬貨ほど。これまでこうしたカブトムシを見たことも聞いたこともなく「不思議な現象。新しい品種なのでは」と三浦さん。多くの人に見てもらおうと信州アトムで展示した。

 三浦さんは6日からミニカブトムシもJAの直売所に出荷しだした。「まだチップを掘り返してみればいるのでは」と話していた。問い合わせは信州アトム(電話0260―31―1300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞