モリアオガエルが産卵 阿智村の治部坂高原 亀の池で早くも確認

地域の話題

[ 2018年 5月 24日 木曜日 15時49分 ]

治部坂亀の池で確認されたモリアオガエルの卵塊

 阿智村浪合治部坂高原の亀の池ほとりで23日、日本固有種のモリアオガエルの卵塊が確認された。「こんな早い時期の産卵は珍しい」と地元の人は話していた。

 水面から1メートルほどの高さにせり出したツガの木の枝に、直径10センチ余りの卵塊4個がぶら下がっている。モリアオガエルの産卵は、5月末から6月の梅雨入り期が通常だ。

 県のレッドリスト準絶滅危惧種に指定され、保護が必要な希少野生動物。飯伊の数カ所で生息が確認されるが、産卵場所の環境保全などが求められている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)