ルミナコイドに注目を

地域の話題

[ 2020年 7月 9日 木曜日 15時41分 ]

 飯田下伊那地域の産学官でつくる飯田メディカルバイオクラスター(木下博隆代表)は7日、シンポジウム「健康長寿社会に向けた食の探究」を飯田市座光寺のエス・バードで開いた。80人が集まり、高野豆腐おからパウダーの健康機能性、高野豆腐に多く含まれる食物成分「ルミナコイド」の働きについて理解を深めたほか、新商品の発表もあった。

 飯田女子短期大学の友竹浩之教授は、難消化性のルミナコイドについて「余分な糖分、脂質、胆汁酸などの排泄を助けたり、腸内細菌のえさになることで、健康にプラスに働く」と説明した。

 南信州地域で生産される高野豆腐、みそ、酒かす、半生菓子のあんに含まれることから、認知度アップに向けて共通シールを作り、既存の商品に貼る構想にも触れた。

 共通シールによるPRは、飯田メディカルバイオクラスターがこのほど発足させた「ルミナコイド研究会」で検討している。

 日本料理店の柚木元(飯田市東和町)は、おからパウダーを小麦粉の代わりに使ったスティック状のケーキとパン5種類を新商品として発表。4月から試作を重ねて商品化にいたった経緯を説明し、参加者に試食品を配った。

 前段では輝山会記念病院の原修医師が「隠れ糖尿病の脅威とその対策」、旭松食品・食品研究所の三ツ井陳雄主任研究員は「おから摂取が食後血糖値上昇に与える影響」と題してそれぞれ講演した。

 閉会行事で食品系分科会の村澤久司代表は「ルミナコイドの働きに着目し、健康長寿に貢献できる商品を開発していきたい」とあいさつした。

◎写真説明:おから摂取の影響などを発表した

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞