万葉会が鼎で新年かるた会開く

地域の話題

[ 2018年 1月 10日 水曜日 15時03分 ]

001katuta

 百人一首かるた会「万葉会」(吉沢明子会長)は10日、新年かるた会を飯田市鼎中平の鼎公民館で開いた。十数人が集まり、小倉百人一首をしながら親睦と頭の体操を楽しんだ。

 「高齢になっても健康で生きがいをもって生活できるように」と、老人クラブの行事を発展させる形で昭和50年代後半に始まり、現在は市長寿支援課のいきがい教室として鼎公民館を会場に月1回のペースで活動。会員が自主運営している。

 「競技でなく仲間づくりと脳の活性化」を重視する方針通り、新年最初の集いも終始和やかな雰囲気。会員たちは笑い声を上げながら札を取っていた。

 足の曲げ伸ばしが難しい人は座いすに座ったり、足を投げ出して参加するなどして楽しんだ。

 新規会員は随時募集しており、吉沢さんは「参加することで挑戦しようという意欲を持ってもらい、昔覚えた百人一首をしながら仲間をつくり、記憶を取り戻してもらえたら。若い人もぜひ参加を」と話している。

 問い合わせは長寿支援課(電話0265・22・4511、内線5757)か吉沢さん(電話0265・23・0422)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞