三穂立石の「雌杉」にしめ縄飾り 県天然記念物

地域の話題

[ 2015年 12月 22日 火曜日 16時48分 ]

 飯田市立石の県天然記念物の巨木「雌杉」で20日、地域住民有志でつくる「南無衆」によりしめ縄が飾り付けられた。自然災害から地域が守られること、住民の健康、市田柿をはじめとした農作物の農作を祈念する。

 雌杉へのしめ縄の飾り付けは、凍霜害で立石の市田柿が全滅し、水害などの自然災害も相次いだ一昨年から始まった。地域のギャラリー「南無」に集まる有志「南無衆」のメンバーが毎年行っており、3年目を迎えた。

 集まったメンバー7人は「せーの、よっ」との掛け声とともに3本の稲わらを巻き付け、12メートルのしめ縄を作ると、はさみで飛び出たわらを取り除いた。口々に「今までで最高の出来だ」「年々良くなってきたな」などと声が上がった。

 雌杉では昨年のしめ縄を取り外し、ことしのものを飾り付けると来年1年の地域の安泰と住民の健康を祈願した。メンバーの一員で雌杉所有者の男性(72)は「素晴らしいしめ縄ができた。ことしは柿も豊作。来年は皆が健康に留意しながら農作物も豊作になるように」と話していた。

 雌杉は樹齢1000年で、目通り周囲9メートル、樹高40メートルの巨木。近くに樹齢と大きさが同等な「雄杉」もある。2本は「夫婦杉」とも呼ばれ、春秋の彼岸の中日の日の出と日没に一方の影がもう一方に届く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞