上久堅で「月見の宴」

地域の話題

[ 2014年 10月 9日 木曜日 9時27分 ]

 飯田市上久堅の北田遺跡公園で7日夜、「月見の宴」が開かれた。地区内から約60人が集まり、竪穴式住居の横で演奏される琴の音色を聴きながら秋の夜長を楽しんだ。

 遺跡の有効活用を考える中で「いにしえから続く月見を遺跡で楽しみ、古代ロマンに思いを馳せよう」と、北田遺跡公園の保存会と上久堅まちづくり委員会が昨年に続いて企画。地区公民館の協力を得て開き、飯田女子高校邦楽クラブの3年生5人と佐藤健副市長らをゲストに迎えた。

 邦楽クラブはかがり火とあんどん、すすきが飾られた会場で、月をバックに邦楽や童謡を演奏。生徒は「天候に恵まれ、このように歴史ある場所で演奏できてうれしい」と話していた。

 月は琴の演奏中に雲に隠れたが、宴が終わるころには再び辺りを照らし、良い心持ちになった参加者たちを喜ばせた。

  

関連の注目記事

powered by weblio