オレンジ色のドジョウ発見 飯田市上久堅で

地域の話題

[ 2014年 10月 11日 土曜日 9時35分 ]

 竜丘小学校5年生が7日から1泊2日で行なった農業宿泊体験で、飯田市上久堅の橋爪昭治さん方が受け入れた男子児童4人が、作業体験中、農業用水路でオレンジ色のドジョウを見つけ、捕獲した。

 発見したのは初日夕方。橋爪さんが稲を育てる田んぼで除草作業に励んでいたところ、用水路のU字溝とU字溝をつなぐ「升」の中に数匹のドジョウを見つけ、その中の体長10センチほどのドジョウ1匹が鮮やかなオレンジ色をしていた。

 発見した男子児童の一人は「最初は金魚かと思ったけど、ドジョウと分かってびっくりした。すごい」と語り、橋爪さんも「受け入れを始めて5年になるが、こんな色のドジョウは初めて」と話した。

 同市川路の天竜川総合学習館かわらんべ職員、久保田憲昭さんによると「目の部分が黒くアルビノではないが、突然変異の色素異常の可能性が高い」と推測している。

 ドジョウは現在、水槽に入れて同校理科室前の廊下に展示してあり、他の児童たちも珍しそうに眺めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)