下久堅でコウゾの収穫と皮むき作業

地域の話題

[ 2016年 12月 6日 火曜日 15時40分 ]

コウゾを蒸し、皮をむく

 手すき和紙「ひさかた和紙」の伝統を守る飯田市下久堅でこのほど、和紙の原料になるコウゾの収穫と皮むき作業が行われた。紙すき文化を受け継ぐひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)が中心になって進め、今月から来月にかけてはたくりの作業を重ねる。

 「ひさかた和紙の魅力を幅広い住民に知ってもらい、継承者の裾野を広げよう」と、体験会も兼ねて実施。収穫作業は柿野沢の三石牧場のコウゾ畑で、蒸し・皮むき作業は下久堅小学校で行った。

 皮むき作業には保存会員ら約10人が参加した。

 校庭の窯場で1・5~2時間、束にしたコウゾを煮沸。ゆで上がり、香ばしいかおりが一面に漂うと、次々と皮をむいた。

 ことしは新たに三石牧場近くに8アールの畑を設けたことから、収量が倍増。下久堅小学生たちの作業体験もあった。

 皮は乾燥させ、今後、表皮を取るたくり作業を行う。

 繊維のみになった白皮を機械で細かくし、トロロアオイの粘液を加えて原料化した後、紙すきをする。

 平岩会長(73)は「下久堅の宝物であるひさかた和紙に対し、住民の皆さんに関心を持ってもらい、盛り上げていただけるような取り組みを重ねていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26