下久堅でコウゾの収穫と皮むき作業

地域の話題

[ 2016年 12月 6日 火曜日 15時40分 ]

コウゾを蒸し、皮をむく

 手すき和紙「ひさかた和紙」の伝統を守る飯田市下久堅でこのほど、和紙の原料になるコウゾの収穫と皮むき作業が行われた。紙すき文化を受け継ぐひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)が中心になって進め、今月から来月にかけてはたくりの作業を重ねる。

 「ひさかた和紙の魅力を幅広い住民に知ってもらい、継承者の裾野を広げよう」と、体験会も兼ねて実施。収穫作業は柿野沢の三石牧場のコウゾ畑で、蒸し・皮むき作業は下久堅小学校で行った。

 皮むき作業には保存会員ら約10人が参加した。

 校庭の窯場で1・5~2時間、束にしたコウゾを煮沸。ゆで上がり、香ばしいかおりが一面に漂うと、次々と皮をむいた。

 ことしは新たに三石牧場近くに8アールの畑を設けたことから、収量が倍増。下久堅小学生たちの作業体験もあった。

 皮は乾燥させ、今後、表皮を取るたくり作業を行う。

 繊維のみになった白皮を機械で細かくし、トロロアオイの粘液を加えて原料化した後、紙すきをする。

 平岩会長(73)は「下久堅の宝物であるひさかた和紙に対し、住民の皆さんに関心を持ってもらい、盛り上げていただけるような取り組みを重ねていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞