下久堅でコウゾの収穫と皮むき作業

地域の話題

[ 2016年 12月 6日 火曜日 15時40分 ]

コウゾを蒸し、皮をむく

 手すき和紙「ひさかた和紙」の伝統を守る飯田市下久堅でこのほど、和紙の原料になるコウゾの収穫と皮むき作業が行われた。紙すき文化を受け継ぐひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)が中心になって進め、今月から来月にかけてはたくりの作業を重ねる。

 

 「ひさかた和紙の魅力を幅広い住民に知ってもらい、継承者の裾野を広げよう」と、体験会も兼ねて実施。収穫作業は柿野沢の三石牧場のコウゾ畑で、蒸し・皮むき作業は下久堅小学校で行った。

 

 皮むき作業には保存会員ら約10人が参加した。

 

 校庭の窯場で1・5~2時間、束にしたコウゾを煮沸。ゆで上がり、香ばしいかおりが一面に漂うと、次々と皮をむいた。

 

 ことしは新たに三石牧場近くに8アールの畑を設けたことから、収量が倍増。下久堅小学生たちの作業体験もあった。

 

 皮は乾燥させ、今後、表皮を取るたくり作業を行う。

 

 繊維のみになった白皮を機械で細かくし、トロロアオイの粘液を加えて原料化した後、紙すきをする。

 

 平岩会長(73)は「下久堅の宝物であるひさかた和紙に対し、住民の皆さんに関心を持ってもらい、盛り上げていただけるような取り組みを重ねていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号