下久堅で八重桜の花摘み

地域の話題

[ 2015年 4月 24日 金曜日 9時18分 ]

 飯田市下久堅地区まちづくり委員会の自治委員会女性部会(中山多美子部長)が23日まで、桜茶や桜がゆなどに使う八重桜の塩漬け「ひさかた乙女」の製造に向け、花摘みに励んだ。今春は昨年の2倍以上となる7キロを収穫。地区外への発信も目指している。

 ひさかた乙女の製造は、地区基本構想で目標に掲げた「桜色に染まる里づくり」の一環として、10年ほど前から女性部会が取り組んでいる。

 地区内で収穫した八重桜の花びらを塩で漬け、4月の下久堅桜祭りの参加者に桜茶と桜がゆ、市政懇談会の来賓には桜茶を振る舞い、下久堅と構想をアピールしている。

 例年は3分咲きの花を摘んでいるが、今春は5分から8分咲きにしたところ、摘みやすいこともあって収穫量が大幅に増えた。

 女性部会はひさかた乙女を製造・販売したいグループがあれば託したい考えで、ことしはその準備として一部のホテル、旅館などに見本を配る計画もある。

 中山さんは「地域の宿泊施設、飲食店に桜を使った料理をメニューに加えてもらえるようにできたら」と話している。

 「桜色に染まる里づくり」は、知久平城址の名残りとされる樹齢650年以上の老木「梶曲輪(かじくるわ)の桜」の保全に端を発した構想。

 下久堅では小学生が卒業時に、梶曲輪の桜の種から育てた苗を自宅庭に植えており、文字通り桜色に染まる地域を目指している。

 ひさかた乙女についての問い合わせは下久堅公民館(電話0265・29・8001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞