下久堅で八重桜の花摘み

地域の話題

[ 2015年 4月 24日 金曜日 9時18分 ]

 飯田市下久堅地区まちづくり委員会の自治委員会女性部会(中山多美子部長)が23日まで、桜茶や桜がゆなどに使う八重桜の塩漬け「ひさかた乙女」の製造に向け、花摘みに励んだ。今春は昨年の2倍以上となる7キロを収穫。地区外への発信も目指している。

 ひさかた乙女の製造は、地区基本構想で目標に掲げた「桜色に染まる里づくり」の一環として、10年ほど前から女性部会が取り組んでいる。

 地区内で収穫した八重桜の花びらを塩で漬け、4月の下久堅桜祭りの参加者に桜茶と桜がゆ、市政懇談会の来賓には桜茶を振る舞い、下久堅と構想をアピールしている。

 例年は3分咲きの花を摘んでいるが、今春は5分から8分咲きにしたところ、摘みやすいこともあって収穫量が大幅に増えた。

 女性部会はひさかた乙女を製造・販売したいグループがあれば託したい考えで、ことしはその準備として一部のホテル、旅館などに見本を配る計画もある。

 中山さんは「地域の宿泊施設、飲食店に桜を使った料理をメニューに加えてもらえるようにできたら」と話している。

 「桜色に染まる里づくり」は、知久平城址の名残りとされる樹齢650年以上の老木「梶曲輪(かじくるわ)の桜」の保全に端を発した構想。

 下久堅では小学生が卒業時に、梶曲輪の桜の種から育てた苗を自宅庭に植えており、文字通り桜色に染まる地域を目指している。

 ひさかた乙女についての問い合わせは下久堅公民館(電話0265・29・8001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞