下久堅で八重桜の花摘み作業

地域の話題

[ 2015年 4月 24日 金曜日 9時18分 ]

下久堅ひさかた乙女 飯田市下久堅地区まちづくり委員会の自治委員会女性部会(中山多美子部長)が23日まで、桜茶や桜がゆなどに使う八重桜の塩漬け「ひさかた乙女」の製造に向け、花摘みに励んだ。今春は昨年の2倍以上となる7キロを収穫。地区外への発信も目指している。

 

 ひさかた乙女の製造は、地区基本構想で目標に掲げた「桜色に染まる里づくり」の一環として、10年ほど前から女性部会が取り組んでいる。

 

 地区内で収穫した八重桜の花びらを塩で漬け、4月の下久堅桜祭りの参加者に桜茶と桜がゆ、市政懇談会の来賓には桜茶を振る舞い、下久堅と構想をアピールしている。

 

 例年は3分咲きの花を摘んでいるが、今春は5分から8分咲きにしたところ、摘みやすいこともあって収穫量が大幅に増えた。

 

 女性部会はひさかた乙女を製造・販売したいグループがあれば託したい考えで、ことしはその準備として一部のホテル、旅館などに見本を配る計画もある。

 

 中山さんは「地域の宿泊施設、飲食店に桜を使った料理をメニューに加えてもらえるようにできたら」と話している。

 

 「桜色に染まる里づくり」は、知久平城址の名残りとされる樹齢650年以上の老木「梶曲輪(かじくるわ)の桜」の保全に端を発した構想。

 

 下久堅では小学生が卒業時に、梶曲輪の桜の種から育てた苗を自宅庭に植えており、文字通り桜色に染まる地域を目指している。

 

 ひさかた乙女についての問い合わせは下久堅公民館(電話0265・29・8001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事