下久堅で和紙作り作業体験会

地域の話題

[ 2020年 1月 23日 木曜日 15時24分 ]

 飯田市下久堅地区で、手すき和紙「ひさかた和紙」作りが最盛期を迎えている。伝統の保存と継承に取り組む「ひさかた和紙保存会」(久保田紀代会長)は22日、恒例のたくり(皮削り)作業の体験会を下久堅ふれあい交流館でスタート。新たに昼の部も設け、初日は地区内外から3人が参加した。2月末までの毎週水曜日、昼と夜に同館で開く。

 伝統文化として「ひさかた和紙」を受け継ぐ同地区では、保存会を軸に地域住民らが継承活動を展開。小学生がひさかた和紙で卒業証書の用紙をすくなど、地域を挙げて紙すき文化の維持発展に取り組んでいる。

 材料となるコウゾのたくりは、和紙作りに欠かせない工程。従来の体験会は水曜夜に限定していたが、「昼の時間帯で都合が合う人にも体験してほしい」と、今年から昼の部も加えた。

 昨年2月に竣工した交流館内の作業場を会場にする初のシーズン。参加者たちは手本を参考に道具を使ってコウゾの皮を削り、会話も楽しみながら和紙づくりへの理解を深めている。

 体験会は2月末までで、毎週水曜日の午後1時半と、同7時から。状況によって別の工程のちり取り作業を体験する。

 保存会は「興味のある人は気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。暖かい服装が必要。

 問い合わせは下久堅公民館(電話0265・29・8001)へ。

◎写真説明:体験会でたくり(皮削り)に挑戦

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞