下久堅で新わい化プロジェクト、2年目の育苗を開始

地域の話題

[ 2010年 4月 9日 金曜日 15時43分 ]

 昨年からりんごの新わい化プロジェクトがスタートした飯田市下久堅大原りんご団地の圃場で8日、2年目の育苗作業が始まった。りんご団地の農家をはじめ市農業振興センター、NPOみどりの風、下伊那農業改良普及センターの関係者ら約30人が、50センチぐらいの苗木を1本1本ていねいに植え付けた。

 昨年度は9500本の苗木を4月から育苗し、12月上旬に掘り起こし作業を行って、りんご農家へ新わい化栽培用フェザー苗として約7000本配布した。今年度は1万6000本の苗木を購入し、70アールの圃場に植え付けを開始した。

 大原りんご団地組合(農家22軒)の組合長でプロジェクトチームの寺沢義信代表(60)は「新わい化りんごは樹高が1・5メートルぐらいと低いので労力や手間をかけずに栽培できる。2年間育苗して定植後2年で収穫でき、反収が高い。品種もふじ、シナノスイート、シナノゴールド、ドルチェ、ツガルなどJAの主力品種で品質がいい。これで農業経営が楽になり、農地の荒廃防止につながれば」と期待。

 飯田市農業振興センターでは「育苗の研修の場としても使いたい。来年は自分たちで育苗できるようになれば」と話していた。

 新わい化プロジェクトは、飯田市では一昨年からスタートした座光寺に続いて2カ所目。JAみなみ信州管内では松川町上片桐と阿智村でもスタートしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18

現新一騎打ちの選挙戦へ

6月27日土曜日14:55

売木村の6宿泊施設がCF開始

6月26日金曜日15:29

郊戸八幡宮で夏越大祓式

6月26日金曜日15:14

大雨や台風に備え確認

6月25日木曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞