下久堅小4年明組が人形劇上演 竜東デイサービスセンターで

地域の話題

[ 2015年 8月 31日 月曜日 13時37分 ]

 飯田市立下久堅小学校4年明組の児童21人は28日、下久堅知久平の市社会福祉協議会、竜東デイサービスセンター(小池清智所長)で人形劇を演じた。今月に開催された「いいだ人形劇フェスタ」で発表した「十二支の始まり」を上演。元気いっぱいに演じて利用者を楽しませたほか、歌やゲームで交流を行った。

 同クラスはことし初めて人形劇に挑戦。自分たちで手作りした人形を使い、フェスタ期間中に知久平研修センターで発表した。

 同校向かいにある竜東デイでは、利用者が外出して鑑賞するのが難しいことから、子どもたちに来所して人形劇を披露してもらうことに。24日に初めて訪問し、より多くの人に見てもらおうと28日に再び上演を行った。

 この日は、利用者34人とデイの職員らを前に発表。リコーダーや鍵盤ハーモニカを演奏しながら動物たちの人形を操り、十二支の誕生の物語を演じた。

 新年の朝、動物たちが競い合いながら神様の門に向かっていく様子をコミカルに演じると、会場からは笑みがこぼれた。劇中で童謡が演奏されると、利用者が口ずさむ場面も。上演後、子どもたちは十二支の歌など2曲を合唱し、最後に利用者とじゃんけん肩たたきゲームをして触れ合っていた。

 馬を演じた男子児童(9)は「馬の鳴き声を上げながら登場するところがうまくできたと思う。喜んで見てくれてうれしい」と笑顔を浮かべた。

 教諭は「いろんなところで発表したいという子どもたちの希望もあって上演させていただいた。今後も交流の機会があればうかがいたい」とし、小池所長は「2回演じてもらったが、日によって利用者は違うので、きょう初めて見た人がほとんど。たくさんの人に見てもらおうと配慮していただきありがたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞