下久堅御柱大祭

地域の話題

[ 2010年 3月 30日 火曜日 8時51分 ]

 飯田市下久堅の「知久平諏訪神社式年御柱大祭」(知久一彦祭典委員長)が27、28の両日、市内各地で開かれる御柱祭のトップを切り、行われた。天保元年から数えて31回目を迎える歴史と伝統ある同祭。地域住民の愛着と情熱が込められた2本の御柱が、今回も無事同神社境内に建立された。

 27日には里曳きと建御柱を挙行。高らかに響く木遣り唄に合わせ、地域住民をはじめ仏のシャルルヴィル・メジェール市からの参加者なども加わり、多くの人が縄を手に取り御柱を曳(ひ)き歩いた。

 急なこう配で知られる三石平の坂では、木遣り衆の声も一層大きなものに。子どもから大人まで、参加者全員が力を振り絞り、難所を乗り越えた。同神社手前では、見せ場の一つ、水が張られた田んぼに御柱を落とす「木落し」が行われ、御柱に続き若者たちが次々と田んぼに飛び込む姿を、見物客らは笑顔で見つめていた。

 てこ方の活躍により参道に曳き上げられた御柱はいよいよ境内に到着。「冠落し」が終わると、クレーン車を使って社殿に向かって右側の「一の柱」から建立された。2本の御柱が、社殿の左右両側に高々とそびえ立つと、境内は大きな拍手と歓声に包まれ、参加者の顔には満足感が漂っていた。

 大祭を終え知久祭典委員長は「天気にも恵まれ、楽しく、無事に終えることができうれしく思う。祭りを通して、地域内の団結力を改めて実感した。また、若い世代と新たな結束もでき、次回の開催へとつなぐことができた」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞