下伊那漁協がアユの試験採捕

地域の話題

[ 2015年 6月 5日 金曜日 9時22分 ]

 下伊那漁業協同組合(下島保徳組合長)は3日、アユの友釣り解禁の6日にあわせ、管内の天竜川本流・支流21カ所で2日に行った試験採捕の結果をまとめた。飯田松川の谷川橋下流では18・7センチ、63グラムのアユが採れ、成育は昨年並みでほぼ順調に育っているという。下島組合長は「支流は好調。本流もかなり良い場所があるはず」と話している。

 ことしは昨年より700キロ多い5・7トンを4月半ばから5月半ばにかけ、病気に強い種苗の稚魚を本流と支流に放流。ここ数年取り組んでいる本流への集中放流を継続した。

 本流について下島さんは「アユが食べる石垢(あか)が古くなり過ぎているので、解禁当初の数はあまり期待できないかもしれないが、垢は自然にめくれて新しいものに変わっていく。そういう場所を見つければ良い思いができるはず」と話している。

 試験採捕は3日も行ったが、雨のため中止した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞