下伊那漁協が天竜川にアユ稚魚を放流

地域の話題

[ 2015年 4月 18日 土曜日 8時51分 ]

 アユ友釣り解禁の6月6日に向け、飯田市松尾明の下伊那業業協同組合(下島保徳組合長)は17日、天竜川でアユ稚魚の放流を始めた。ことしは昨年より700キロ多い5・7トンを、9回にわたって本流と支流に放流する。

 初日は組合員30人が集まり、天竜川本流の弁天橋両岸で260キロ、桜堤防で200キロ、時又港で600キロ、支流の飯田松川に140キロをそれぞれ放流した。昨年と同時期の放流で、県内でも特に早いという。

 稚魚は琵琶湖産が3・8トン、静岡県浜松市の海産が1・9トン。浜松産の稚魚は、天竜川にダムがなかった時代に遡上(そじょう)してきたアユの子孫として重要視している。

 初回放流時の水温は9度と低めながら、トラック荷台の水槽から天竜川に放流された10グラムほどの稚魚は元気に泳ぎ回り、岸辺で水しぶきを上げていた。

 下島組合長は「稚魚は元気がいい。放流量も増やしたので楽しんでもらえるのでは」と話した。

 泰阜ダムが建設される以前、天然アユは太平洋から諏訪湖まで遡上した記録が残っているが、多くのダムが建設されてからは放流に頼っている。

 伊那市を流れる三峰川支流が崩落し、白濁した水が流れ込んだ影響で、ここ数年は良い釣果が期待できない状況にあったが、2年前からの集中放流と放流量を増やした好影響がみられるようになったという。

 昨年の移動調査では時又港から明神橋まで上っており、ことしは昨年の3倍にあたる2万匹の移動を調べる。

 同組合は本年度から、弁天橋下流でアユのルアー釣りを解禁する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞