下伊那漁協が天竜川にアユ稚魚を放流

地域の話題

[ 2015年 4月 18日 土曜日 8時51分 ]

 アユ友釣り解禁の6月6日に向け、飯田市松尾明の下伊那業業協同組合(下島保徳組合長)は17日、天竜川でアユ稚魚の放流を始めた。ことしは昨年より700キロ多い5・7トンを、9回にわたって本流と支流に放流する。

 初日は組合員30人が集まり、天竜川本流の弁天橋両岸で260キロ、桜堤防で200キロ、時又港で600キロ、支流の飯田松川に140キロをそれぞれ放流した。昨年と同時期の放流で、県内でも特に早いという。

 稚魚は琵琶湖産が3・8トン、静岡県浜松市の海産が1・9トン。浜松産の稚魚は、天竜川にダムがなかった時代に遡上(そじょう)してきたアユの子孫として重要視している。

 初回放流時の水温は9度と低めながら、トラック荷台の水槽から天竜川に放流された10グラムほどの稚魚は元気に泳ぎ回り、岸辺で水しぶきを上げていた。

 下島組合長は「稚魚は元気がいい。放流量も増やしたので楽しんでもらえるのでは」と話した。

 泰阜ダムが建設される以前、天然アユは太平洋から諏訪湖まで遡上した記録が残っているが、多くのダムが建設されてからは放流に頼っている。

 伊那市を流れる三峰川支流が崩落し、白濁した水が流れ込んだ影響で、ここ数年は良い釣果が期待できない状況にあったが、2年前からの集中放流と放流量を増やした好影響がみられるようになったという。

 昨年の移動調査では時又港から明神橋まで上っており、ことしは昨年の3倍にあたる2万匹の移動を調べる。

 同組合は本年度から、弁天橋下流でアユのルアー釣りを解禁する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52