下伊那郡選挙管理委員会連合会が総会開く

地域の話題

[ 2010年 5月 24日 月曜日 14時08分 ]

 下伊那郡選挙管理委員会連合会(滝澤治郎会長)は21日、本年度総会を飯田市追手町の県飯田合同庁舎で開き、事業計画など計4議案を承認した。ことしは夏に参院選、知事選、下伊那郡区の県議補選などが相次いで行われるため、適正な管理執行や投票率向上の啓発などに、いっそう努めることを確認した。

 飯伊13町村の選管委員66人のうち57人が出席。滝澤会長は「ことしは参院選、知事選、県議補選と大きな選挙が重なるが、明るく公正な執行に向け、例年以上の協力を願う」と呼び掛けた。

 承認された事業計画によると、明るい選挙啓発ポスターコンクールの募集を5月10日から8月27日まで実施し、9月上旬に地方審査を予定。県と飯田市の選管と共催による選挙事務研究会の開催も盛った。

 総会に続いて「2010年夏 選挙本番を前に」と題した研修会を開いた。下伊那地方事務所地域政策課の職員が、参院選は6月24日公示、7月11日投開票の日程で行われる公算が大きい情勢を伝えた。

 インターネットを利用した選挙運動についても説明。夏の参院選からは選挙期間中のホームページやブログの更新に限っての解禁を認めることで与野党間が合意し、今国会で公職選挙法が改正される見込みであることも紹介した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞