下伊那郡選挙管理委員会連合会が総会開く

地域の話題

[ 2010年 5月 24日 月曜日 14時08分 ]

 下伊那郡選挙管理委員会連合会(滝澤治郎会長)は21日、本年度総会を飯田市追手町の県飯田合同庁舎で開き、事業計画など計4議案を承認した。ことしは夏に参院選、知事選、下伊那郡区の県議補選などが相次いで行われるため、適正な管理執行や投票率向上の啓発などに、いっそう努めることを確認した。

 飯伊13町村の選管委員66人のうち57人が出席。滝澤会長は「ことしは参院選、知事選、県議補選と大きな選挙が重なるが、明るく公正な執行に向け、例年以上の協力を願う」と呼び掛けた。

 承認された事業計画によると、明るい選挙啓発ポスターコンクールの募集を5月10日から8月27日まで実施し、9月上旬に地方審査を予定。県と飯田市の選管と共催による選挙事務研究会の開催も盛った。

 総会に続いて「2010年夏 選挙本番を前に」と題した研修会を開いた。下伊那地方事務所地域政策課の職員が、参院選は6月24日公示、7月11日投開票の日程で行われる公算が大きい情勢を伝えた。

 インターネットを利用した選挙運動についても説明。夏の参院選からは選挙期間中のホームページやブログの更新に限っての解禁を認めることで与野党間が合意し、今国会で公職選挙法が改正される見込みであることも紹介した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事