下條図書館が貸出県内1位記念イベント

地域の話題

[ 2018年 11月 19日 月曜日 15時47分 ]

一人当たりの昨年度貸出冊数県内1位を祝うくす玉割り

 下條村立図書館は、昨年度の人口一人当たりの貸出冊数が20年ぶりに県内1位になったことを記念して、17日にイベントを開いた。昨年7月から利用者に無料配布している「読書手帳」が貸し出しを促進させたとして、多く借りた人を年代別に上位3人まで表彰した。

 7月7日の開館記念日に合わせて昨年導入した「読書手帳」は、2年前、当時下條中学校の3年生だった生徒たちが「図書館の利用増加につながる」「読書へ興味を持ってもらう」などを理由に、模擬議会で村側に提案して実現した。

 B6判ほどの大きさで、本を借りた際に書名や著者名、借りた日時などが印字されたシールをもらい、自分で手帳に貼り付けていく。図書館司書の近藤明子さんによると、今年4月ごろから追加配布も増えていて、10月末現在で約670人が利用している。

 その結果、人口一人当たりの貸出冊数は一昨年度の14・5冊から昨年度は16・4冊になり、1997年以来20年ぶりに県内1位に輝いた。

 図書館はこれを記念して「読書手帳チャンピオン」を表彰。年代別に5部門を設け、手帳をもとに貸出冊数が多い上位3位までを表彰した。213冊を借りて小学校高学年の部で1位になった下條小5年の村松優奈さん(11)は「普通の世界ではあり得ないことが本の中では起こるので、面白い」と読書の魅力を語った。

 この日は図書館が入る「あしたむらんど下條」を会場に、書庫探検ツアーやカフェ、小学生図書館ボランティアによる「おはなし会」などが開かれたほか、滑り台付きの手作りダンボールハウスがお目見えし、多くの村民が集い、催しを楽しんだ。金田憲治村長は「図書館司書の工夫で、本を読むことの楽しさや大切さが広がっていることをうれしく思う」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09