下條村が刈谷産業まつりに参加

地域の話題

[ 2013年 11月 10日 日曜日 15時20分 ]

 下條村はこのほど、愛知県刈谷市の刈谷市産業振興センターで開いた刈谷産業まつりに参加した。村産の農産物や加工品などを販売したところ、リンゴやナシの販売が好評で大きな行列ができるほどだった。同村は16、17日の刈谷農業まつり、23日の刈谷ふれあいまつりにも参加する。

 同村に刈谷市民休暇村サンモリーユ下條ができて以来続く物産交流。11月は毎週末に刈谷市のイベントへ参加する。この時期のリンゴやナシを目当てに会場を訪れる人も少なくない。

 イベントは村職員と下條ふるさとうまい会、遊牧館の3団体が参加し、よもぎやそばのまんじゅうなどの手作り加工品、飲むヨーグルトなどの乳製品を販売。リンゴはフジや陽光をはじめ、シナノスイート、シナノゴールドの他、新品種のぐんまめいげつ、ナシは南水や幸水など計約2トンを用意した。

 初日から予想以上の売れ行きで2日目分のリンゴも販売。果物を販売するテントの前には大きな行列が出来上がった。加工品も売れ行きがよく、早い段階で売り切れとなった。2日目は午後1時半ごろに持っていったものが完売したため、試食品を配り、農業まつりの宣伝を行った。

 村では「毎年リンゴの売れ行きが良いが、ことしはさらに勢いを感じた。農業まつり、ふれあいまつりへも期待したい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞