下條村が泉崎村収穫祭に出店 味定着し2時間で完売

地域の話題

[ 2015年 11月 10日 火曜日 15時20分 ]

 下條村は、福島県泉崎村でこのほど開かれた「収穫感謝祭」に出店参加して、地元農産物や加工品を販売した。村のヒーロー地域戦隊カッセイカマンも足を運び、友情や絆の大切さを演技で伝え、地元の子どもたちを喜ばせた。

 下條村と東日本大震災で被災した泉崎村は、昨年9月まで計9人の職員交流を続け、震災後も支援物資を送るなどして絆と交流を深めている。

 役場主導の参加はことしで3回目。昨年まで泉崎村は復興から立ち上がり前進するための「がんばろう!復興産業収穫祭」としていたが、ことしから収穫感謝祭に名称を変更して開いた。

 当日は県内外から多くの出店がある中、下條村はリンゴやナシ、クリ、ヨーグルト、リンゴジュースなどの地元特産品を販売。下條村役場に職員交流した泉崎村の職員もブースに駆け付け、声掛けなど販売活動に協力して開始2時間ほどで完売したという。

 村振興課の男性は「何回か訪れるうちにリンゴやクリの味を覚えてもらい、リピーターも増えている」と話し、現地では持参した品以外が掲載された特産品チラシも配布して村の魅力PRに努めた。今月中、愛知県刈谷市内で開かれる3つのイベントにも出店参加する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio