下條村が福島県泉崎村に農産物発送

地域の話題

[ 2016年 10月 5日 水曜日 15時08分 ]

002下條村泉崎村

 下條村は5日、東日本大震災以降、職員交流を通じて友好関係にある福島県泉崎村に、村民有志が用意したジャガイモとタマネギ、カボチャの計290キロ余を贈った。子どもたち向けに学校給食などで活用される予定だ。

 泉崎村の職員や議員が下條村を視察したことを機に、2010年4月から下條村への職員派遣を開始。年間2人、4年半で計9人が同村の施策を研修した。派遣によって2村の交流は深まり、11年の大震災後は被災した泉崎村に支援物資として野菜を送り、いまでは交流物資として6年目の取り組みになった。

 当初は役場職員や村議員で栽培した野菜を送ったが、地元農家も「収穫した野菜を被災地に届けたい」と村役場に問い合わせ、野菜支援が本格化。日持ちのするものを選び、今回は村内19農家がジャガイモ81キロ、タマネギ45キロ、カボチャ157キロを提供した。

 職員研修が終了している現在は業者を通じて発送する。金田憲治村長は「現在は泉崎村でも野菜を収穫できるが、受け入れてくれるうちは継続していきたい」と話している。

 下條村は泉崎村で年1回開く産業収穫祭に参加して特産品を販売し、カッセイカマンもショーを繰り広げて交流を深めている。一方、下條村で半年間の研修を終えた泉崎村職員の9人は「下條会」を設立。年1回はリンゴ狩りなどで下條村に訪れるなど顔の見える交流が続いている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞