下條村にローカルヒーローが大集結

地域の話題

[ 2018年 3月 26日 月曜日 17時58分 ]

県内外から集まったローカルヒーローたち

 全国のご当地ヒーローが集まり熱い戦いを繰り広げる下條村「道の駅信濃路お客様感謝デー」は25日、同道の駅で開かれた。地域戦隊カッセイカマンをはじめ県内外から今年は18のローカルヒーローたちが大集結。声援を送る子どもから大人までの観客を楽しませた。

 お客様感謝デーの一環として2004年から続くヒーローイベントで、村の一大イベントに育った。地域活性化や環境問題などもテーマの一つに、全国津々浦々のヒーローが登場する。

 朝から青空が広がった今年はオープニングから大勢の親子連れやヒーローファンが駆けつけ、ステージ前の客席にシートを敷いて陣取ると、続々と登場するヒーローに熱い視線を注いだ。

 村コスモキッズの子どもたちはオリジナル体操「からみん体操」を踊ったほか、昨年8月に全国デビューした同村陽皐出身のシンガーソングライター、でこ(本名・篠田真悠香)さん=山梨県在住=も初登場して歌声を披露。佐久市の「ハイぶりっ子ちゃん」や下條村と職員の派遣交流などでつながりの深い福島県泉崎村の「いずみちゃん」などご当地キャラクターも人気を集めた。

 会場近くにはリニア中央新幹線の工事発生土を活用した埋め立て計画もあり、宮島俊明副村長は「関係・交流人口を増やし、いずれは定住に結びつくようなイベントとして継続していきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio