下條村にローカルヒーローが集結 道の駅感謝デー

地域の話題

[ 2017年 3月 27日 月曜日 15時14分 ]

子供たちも一緒に踊った「からみん体操」

 全国のご当地ヒーローが集結する下條村の「道の駅信濃路お客様感謝デー」は26日、同道の駅で開かれた。地域戦隊カッセイカマンをはじめとする県内外から17のローカルヒーローたちが集い、熱い戦いを繰り広げた。

 お客様感謝デーの一環として2004年から続くヒーローイベント。地域活性化や環境問題などのキャンペーンも目的の一つに、全国津々浦々のヒーローが登場することで知られ、村の一大イベントに育った。

 今年は雪も混じって肌寒いオープニングになったものの、子連れの親子やヒーローファンらが駆けつけ、ステージ上に集結した12団体に声援を送った。同村コスモキッズの子供たちも一緒になって村のオリジナル体操「からみん体操」を踊ったほか、ヒーローたちが協力し合いながら次々と悪役を倒していくと歓声はさらに大きくなった。

 同村と職員の派遣交流などを通じてつながりの深い福島県泉崎村と、2月に災害時相互応援協定を締結したことで泉崎村ブースも初お目見え。特産品の菌床シイタケの天ぷらと煮出し「はと麦茶」各1500人分を、役場職員らが来場者に声を掛けながら無料配布した。

 下條村は東日本大震災時に泉崎村へ支援物資を届けるなどしており、同村役場事業課産業グループの大河原郷主査(42)は「お礼の気持ちを込めて参加した。これからも交流や連携を続けていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)