下條村匠の会が小正月飾り作り 繭玉や餅花14本施設へ

地域の話題

[ 2016年 1月 9日 土曜日 11時37分 ]

 下條村の伝統工芸伝承グループ「匠の会」(中嶋邦親会長)は7日、村内の公共施設などに飾る小正月飾りを作った。村民センターに集まった会員ら20人余は、慣れた手つきで繭(まゆ)玉や餅花飾りをつくり、出来上がった14本をその日のうちに届けた。

 同会はわら細工などの伝統工芸を伝承するグループで、毎年注文があった村内施設に門松や小正月飾りを提供している。ことしは役場や小中学校、保育所、福祉施設など14カ所分の飾りを作成した。

 会員らはソヨゴやササに小さく切った切り餅を手際よく付けると、米粉で作った繭玉や柿玉、ミカンは現地に到着してから添えた。繭玉や餅花はそれぞれ養蚕や稲作、柿を模しており、豊作を祈る意味がある。

 最後に2つに割ったヌルデに「十二月」と書いたものを台座に添えて完成。中嶋会長は「12月と書くことで魔物たちが正月前だと勘違いして近寄ってこない。魔よけの意味がある」と語り、「農村の1つの文化活動として、子どもたちにどのようにして啓蒙していくかが課題。意味を知ってもらい、どう受けとめてくれるかが楽しみ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞