下條村 農地の維持活用へ

地域の話題

[ 2021年 5月 22日 土曜日 13時27分 ]

 遊休農地の活用や担い手の確保、特産品の開発などを通じ下條村の農業活性化を目指すNPO法人「元気だ下條」は、村内の遊休農地対策として草刈り作業の受託を開始する。28日まで申し込みを受け付けている。

 対象は、所有者の高齢化、後継者の不在などにより管理ができないものの将来、利用が見込める農地および、病気などの理由で一時的に管理ができない農地。所有者が分からない農地や、荒廃している農地、水利、取り付け道路の条件が悪く、将来の利用が見込めない農地は請け負わない。

 請け負う作業は6月と9月、年間2回の草刈り作業。ほ場は作業1回につき、10アールあたり4000円、畦畔(けいはん)は1回につき、1時間あたり2000円。依頼者は同法人と2年間の委託契約を結ぶ。

 問い合わせ、申し込みは同法人(電話050・3583・0887)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞