不安な人にも届けたい

地域の話題

[ 2020年 3月 14日 土曜日 13時05分 ]

 新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足が続く中、根羽村の浅井加惠子さん(83)は、ガーゼ製のマスクづくりに取り組んでいる。材料提供者で同村議会の石原明子議員を通じて村役場などに届け、マスク供給に向けて活動に励んでいる。

 高校卒業後、洋服店に勤め、服のすそ上げや袖の直しなどで裁縫の腕を磨いてきた浅井さん。現在は愛用のミシンを使い、お手玉からのれんまで、大小さまざまな作品を制作している。

 新型コロナウイルス感染拡大によるマスクの供給不足を受け、石原さんが手作りマスクの製作を発案。ガーゼやゴムひもを持って浅井さんを訪問し、3日からマスクづくりが始まった。

 浅井さんは手始めに、市販のガーゼマスクを解体。布の大きさや構造を確認し、ノートに描いた設計図をもとに作業を進めた。

 折り方や使う枚数、サイズなど、1枚ずつを作りながら試行錯誤。大きさを縦10センチ、横17センチに整え、鼻にフィットさせるためラッピング用のワイヤーも材料に取り入れて改良した。

 作業では手指消毒やアイロンによる熱滅菌も実施。手作りマスクを使用した人からは「洗濯ができる」「眼鏡が曇りにくい」「息がしやすい」と好評を得ているという。

 浅井さんは「石原さんが思いついて、材料を用意してくれた。私は縫うだけ」と、照れくさそうに笑顔を見せた。

 石原さんは「縫うのが難しい。マスクが買えなくて困っている人にも安心してもらえたら」と話していた。

◎写真説明:寸法を確かめてマスクを作る浅井さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞