丘のまちフェスティバル開催を発表

地域の話題

[ 2012年 9月 8日 土曜日 8時29分 ]

 飯田丘のまちフェスティバル実行委員会(伊藤昇実行委員長)は7日、りんご庁舎で会見を開き、11月3日、飯田市の中心市街地を会場に「第6回飯田丘のまちフェスティバル」を開催すると発表した。今回は、同フェスティバルの新たなマスコットキャラクター「ナミキちゃん」の制作に着手。10月19日まで、プロ、アマ問わず広くデザイン(イラスト)を募集する。

 飯田市のシンボル、りんご並木から名付けられた「ナミキちゃん」は16歳の女の子で、同市に住み、誰からも愛されるキャラクターという設定。作品規格は、全身フリーポーズ1点および上半身ポーズ1点で、各ポーズごとに紙(A4縦)1枚を使用する。

 応募作品は、随時同実行委員会の担当事務局、いいだ応援ネットイデアのホームページ(http://www.iida―idea.jp/ifm/)上にアップし、人気投票を実施。また、10月27日から11月3日には、同市銀座4のキング堂ギャラリーに全応募作を展示し、一般来場者による人気投票を行うという。

 本審査は、同フェスティバル当日に、6人の審査員が行い、最優秀作品を決定する。賞金は10万円。また、最優秀作品制作者には採用キャラクターの10ポーズの制作を依頼するため、その制作費としてさらに10万円が支払われる。

 川本喜八郎人形美術館のある中心市街地を舞台に、フィギュアや地域グルメなどおよそ100ブースの屋外マーケットが立ち並び、路上では多彩なイベントが実施されるなか、フィギュア、コスプレ、痛車、ドールなどのサブカルチャーを満喫できる同フェスティバル。伊藤実行委員長は「5年前の初開催から、年々規模が拡大している。今後もさまざまな物を受け入れ、どこまでも大きなフェスティバルにしていきたい。11月3日、文化の日に、飯田の中心市街地にサブカルチャーの花を咲かせたい」と力を込めた。

 「ナミキちゃん」のデザイン募集に関する問い合わせ・応募は、いいだ応援ネットイデア(電話0265・56・9335)またはホームページへ。同フェスティバルに関する問い合わせは、飯田市中心市街地活性化協会(電話0265・52・1715)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10