飯田中央保育園 ウエルカム人形展の飾り付け

地域の話題

[ 2015年 7月 18日 土曜日 9時12分 ]

 飯田市中央通りの飯田中央保育園(塩澤鎮子園長)は17日、8月4―9日に開催される「いいだ人形劇フェスタ2015」に向けて、訪れた人々を迎える「ウエルカム人形展」の飾り付けを行った。年長園児36人が手作りしたおいしい野菜の人形を、NTT東日本長野飯田支店のウインドーに展示した。

 飯田を訪れた人々を歓迎しようと、商店や企業が工夫を凝らして用意した人形を各店のウインドーに並べたり、子どもたちが作った人形をまちのあちこちに飾るイベント。7月中旬ごろから展示を始めている。

 同園は毎年、同展に参加している。ことしは、園内で子どもたちが育てている野菜をモチーフにした人形を制作。約10種類の中から好きな野菜を選び、一人1体ずつ作った。

 材料は、新聞紙やビニール、ペットボトルなど、身近にある物の中から園児たちが持ち寄って用意。トマトやニンジン、キュウリなど、それぞれのイメージを膨らませながら思い思いのデザインに仕上げた。

 ウインドーには、野菜たちが鬼ごっこやかくれんぼ、だるまさんが転んだをして遊んでいる様子を表現。子どもたちは職員らと一緒に人形を設置したり、外から様子を眺めて確認し合っていた。

 塩澤園長は「子どもたちが大切に育てた愛着のある野菜なので、どんどんイメージを膨らませて、おいしい野菜の人形にしたいと作っていた。それぞれがいろんな素材を使っていて違った表情をしているので、見て楽しんでもらえたら」と話していた。

 幼稚園・保育園児によるウエルカム人形展には同園のほか入舟幼稚園、明星保育園、飯田仏教保育園が参加。フェスタ最終日まで展示する。

 またフェスタ期間中には、ウエルカム人形展参加店舗を巡って賞品を当てるスタンプラリーを開催する。ことしは50店余が参加。スタンプ台紙は今月下旬発行の公式ガイドブックに掲載するほか、当日各店舗で配布する。抽選会場はフェスタセントラルパーク。

 問い合わせは飯田文化会館内のフェスタ実行委員会事務局(電話0265・23・3552)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)