中心市街地で飯田まつり開催

地域の話題

[ 2017年 8月 7日 月曜日 15時07分 ]

03ringon

 第36回飯田まつり(りんご並木の街飯田まつり協議会主催)が5日、飯田中心市街地で開かれた。各商店街が趣向をこらし多彩なイベントを行った昼の「ふれあいアップルタウン」に始まり、115団体約9000人が踊り歩いた「飯田りんごん」まで、市街地は終日多くの人でにぎわい、暑さに負けない祭りの熱気を楽しんだ。観客を含めた動員数は約2万7000人(主催者発表)。

 飯田大火から70年、市制施行80周年の節目を迎えた今年は、昨年から取り組みを始めたりんご並木活性化の活動をさらに充実。昨年に引き続き飯田東中生が、りんご並木の歴史などについて説明する「りんご並木ツアーガイド」を行ったり、並木のリンゴを使ったジャムやジュースを販売したりと、「地域全体で守り育てるりんご並木」へ、多くの関心を呼んだ。

 また、各商店街を歩行者天国にして行われた「ふれあいアップルタウン」では、人形劇の路上公演をはじめ大道芸などのパフォーマンス、各種ゲームコーナー、暑さを忘れさせるおいしい飲食物が並ぶ出店販売と、各商店街が楽しいイベントを実施。子どもたちを中心に、各所で笑顔が広がった。

 夜のりんごんでは、市街地の各通りを埋め尽くした参加者らが「りんごんりんごんほいおいな」の掛け声とともに、息の合った踊りを披露。そろいの衣装でりりしく正調踊りを続ける連や、アレンジを加えた軽快な踊りで会場を沸かす連など、各連が心を一つに踊り切り、足を運んだ多くの観衆と一体となり祭りを盛り上げた。

 飯田りんごんの各賞受賞連は次の通り。

 ▽りんごん大賞=一歩踏み出せ浜小6年▽コスチューム部門賞=ハンドメイド雑貨コットンフラワー▽アレンジ部門賞=追手町小学校クラス覚醒進撃の6年1組▽ハッスル賞=飯田女子高等学校、Team Saki、浜っ子仲よしニコニコ隊、チーム下久堅小6年明組▽調和賞=多摩川精機、飯田合庁連、慈光幼稚園はとぽっぽ隊、北方いいとこ連、自然派化粧品アザレマロン飯田店▽審査員特別賞=下久堅地区まちづくり委員会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34