中心市街地で飯田まつり開催

地域の話題

[ 2017年 8月 7日 月曜日 15時07分 ]

03ringon

 第36回飯田まつり(りんご並木の街飯田まつり協議会主催)が5日、飯田中心市街地で開かれた。各商店街が趣向をこらし多彩なイベントを行った昼の「ふれあいアップルタウン」に始まり、115団体約9000人が踊り歩いた「飯田りんごん」まで、市街地は終日多くの人でにぎわい、暑さに負けない祭りの熱気を楽しんだ。観客を含めた動員数は約2万7000人(主催者発表)。

 飯田大火から70年、市制施行80周年の節目を迎えた今年は、昨年から取り組みを始めたりんご並木活性化の活動をさらに充実。昨年に引き続き飯田東中生が、りんご並木の歴史などについて説明する「りんご並木ツアーガイド」を行ったり、並木のリンゴを使ったジャムやジュースを販売したりと、「地域全体で守り育てるりんご並木」へ、多くの関心を呼んだ。

 また、各商店街を歩行者天国にして行われた「ふれあいアップルタウン」では、人形劇の路上公演をはじめ大道芸などのパフォーマンス、各種ゲームコーナー、暑さを忘れさせるおいしい飲食物が並ぶ出店販売と、各商店街が楽しいイベントを実施。子どもたちを中心に、各所で笑顔が広がった。

 夜のりんごんでは、市街地の各通りを埋め尽くした参加者らが「りんごんりんごんほいおいな」の掛け声とともに、息の合った踊りを披露。そろいの衣装でりりしく正調踊りを続ける連や、アレンジを加えた軽快な踊りで会場を沸かす連など、各連が心を一つに踊り切り、足を運んだ多くの観衆と一体となり祭りを盛り上げた。

 飯田りんごんの各賞受賞連は次の通り。

 ▽りんごん大賞=一歩踏み出せ浜小6年▽コスチューム部門賞=ハンドメイド雑貨コットンフラワー▽アレンジ部門賞=追手町小学校クラス覚醒進撃の6年1組▽ハッスル賞=飯田女子高等学校、Team Saki、浜っ子仲よしニコニコ隊、チーム下久堅小6年明組▽調和賞=多摩川精機、飯田合庁連、慈光幼稚園はとぽっぽ隊、北方いいとこ連、自然派化粧品アザレマロン飯田店▽審査員特別賞=下久堅地区まちづくり委員会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号