中村のメダカの田んぼで稲刈り作業

地域の話題

[ 2016年 10月 15日 土曜日 13時37分 ]

002めだか

 飯田市中村の田畑布美夫さん(59)方のメダカの田んぼで14日、稲刈り作業が行われた。メダカが来年まで生き残るように水を張ったまま手作業で実施。呼び掛けに応じて協力者も駆けつけて稲穂に泥がつかないよう気をつけながら作業に汗を流した。

 田畑さんは田おこしをせず、年間を通して水を張り続ける不耕起栽培を行っている。無農薬無肥料のため、メダカやヤゴ、ドジョウなどの生き物が繁殖し近隣の子どもたちに水辺の生き物観察の場として提供してきた。

 これまで、稲刈り作業時だけ水を抜き、一部のメダカを避難させて稲刈り後に再放流していたが、せっかく増えたメダカの多くが死滅してしまった。ことしは「手伝ってくれる人がいたら水を張ったまま稲刈りをしたい」と本紙紙面を通じて呼び掛けたところ、上郷の佐藤ふみ子さんが協力を申し出た。

 鎌倉から飯田に来てまだ2カ月という佐藤さん。水を張ったままの田んぼに足をとられながらも早朝から熱心に稲刈りに取り組んだ。「稲刈りは子どもの時にやったきり。足手まといかもと思ったけれど、せっかく自然豊かなところへ来たのでこういう体験がしてみたかった」と笑顔を見せた。

 田畑さんは「1人ではとてもできなかった。来年は子どもたちにも呼び掛けて、メダカ泳いでいるところで皆で田植えをしてみたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞