丸山の「権現山狗賓太鼓」 念願の道具を整備

地域の話題

[ 2015年 3月 17日 火曜日 16時56分 ]

 飯田市丸山地区に2010年5月に発足した和太鼓グループ「権現山狗賓太鼓」(山下守弘代表、メンバー17人)が14年度一般コミュニティ助成事業で念願の太鼓6基を整備し15日、丸山公民館でミニコンサートを開いた。丸山まちづくり委員会が申請していた。

 同グループは「地域の芸能文化の一環として和太鼓をやりたい」という小学生から78歳までの老若男女17人でつくる。グループ名は、地区のシンボルでもある風越山を題材にした地域活動を念頭に付けた。メンバーは丸山公民館が募集し、社会教育団体として登録している。

 今回整備した道具は、ケヤキの平胴太鼓(3尺3寸)と天然平胴太鼓(3尺)の大太鼓2基をはじめ、宮太鼓3基、締太鼓1基の計6基。事業費257万円のうち250万円を助成金で整備した。

 メンバーのうち指導者の男性(54)は「今まで個人のものを集めてやっていたので、ずっと太鼓がほしいと思っていた。特にオリジナル曲『権現山狗賓太鼓』は大太鼓がほしかった」と念願がかない喜ぶ。指導者の男性は技術習得のため09年から山本の「命響館」に週1回通い指導を受けている。

 長老の山下代表は「丸山の芸能文化の1つとして和太鼓が根付いていけばいい。地域振興のため地区住民の連帯ときずなが演奏を通して深まっていけば」と願う。

 市ムトスまちづくり推進課によると、飯田市では丸山地区を含めて5団体が県市町村振興協会、2団体が自治総合センターの14年度コミュニティ助成事業を実施した。総助成金は1670万円。同事業は宝くじの社会貢献事業として、宝くじの受託事業収入を財源にコミュニティ助成を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞