丸山の「権現山狗賓太鼓」 念願の道具を整備

地域の話題

[ 2015年 3月 17日 火曜日 16時56分 ]

 飯田市丸山地区に2010年5月に発足した和太鼓グループ「権現山狗賓太鼓」(山下守弘代表、メンバー17人)が14年度一般コミュニティ助成事業で念願の太鼓6基を整備し15日、丸山公民館でミニコンサートを開いた。丸山まちづくり委員会が申請していた。

 同グループは「地域の芸能文化の一環として和太鼓をやりたい」という小学生から78歳までの老若男女17人でつくる。グループ名は、地区のシンボルでもある風越山を題材にした地域活動を念頭に付けた。メンバーは丸山公民館が募集し、社会教育団体として登録している。

 今回整備した道具は、ケヤキの平胴太鼓(3尺3寸)と天然平胴太鼓(3尺)の大太鼓2基をはじめ、宮太鼓3基、締太鼓1基の計6基。事業費257万円のうち250万円を助成金で整備した。

 メンバーのうち指導者の男性(54)は「今まで個人のものを集めてやっていたので、ずっと太鼓がほしいと思っていた。特にオリジナル曲『権現山狗賓太鼓』は大太鼓がほしかった」と念願がかない喜ぶ。指導者の男性は技術習得のため09年から山本の「命響館」に週1回通い指導を受けている。

 長老の山下代表は「丸山の芸能文化の1つとして和太鼓が根付いていけばいい。地域振興のため地区住民の連帯ときずなが演奏を通して深まっていけば」と願う。

 市ムトスまちづくり推進課によると、飯田市では丸山地区を含めて5団体が県市町村振興協会、2団体が自治総合センターの14年度コミュニティ助成事業を実施した。総助成金は1670万円。同事業は宝くじの社会貢献事業として、宝くじの受託事業収入を財源にコミュニティ助成を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10