昔ながらの遊び楽しむ 丸山公民館で体験イベント

地域の話題

[ 2015年 1月 21日 水曜日 12時30分 ]

 飯田市の丸山公民館青少年健全育成部主催「正月あそび・もちつき体験」が18日、同公民館であった。小中学生のほか親子連れら約200人が参加。昔ながらの遊びなどを通じて親睦を深めた。

 同育成部が進める伝統文化体験教室の一環で毎年この時期に開き、住民同士の交流の場にもなっている。

 参加者はかるたや百人一首、こま回し、羽子板、けん玉、すごろく、輪投げといった伝統の遊びを楽しみ、羽子板では上手に打ち返すこつを教わった子どもたちが心地よい音を響かせていた。

 事前に講習を受けたという飯田西中学校生徒会役員が指導役になり、たこ作りにも挑戦。用意されたビニールに絵を書き、骨組みとなる竹やたこ糸を取り付け、完成すると近くの田んぼで揚げた。

 また昔ながらの臼ときねを使った餅つき体験では、小さな子も「よいしょ、よいしょ」の掛け声に合わせてきねを振るった。

 西中2年の男子生徒(14)は「小学生と一緒になって楽しめました」と笑みを見せ、宮下邦彦館長は「毎年多くが参加し、いまでは地区の一大イベントになっている。子どもたちに伝統の遊びを楽しんでもらえる行事として今後も続けていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞