人力車の試乗に大はしゃぎ 明星保育園の運動会で

地域の話題

[ 2015年 5月 13日 水曜日 13時52分 ]

 飯田市鼎切石の明星保育園がこのほど開いたルンルン運動会に「飯田龍車(りゅうしゃ)」の人力車が登場し、人気を集めた。子どもたちは列をつくって保護者とともに試乗し、満面の笑顔を浮かべていた。

 同運動会の恒例となっていたポニーの乗馬体験がことしはできなかったため、3月から観光客ガイドとして市街地に人力車を走らせている市民グループ「IIDAWAVE(イイダウエーブ)」の飯田龍車に園が打診し、実現した。

 昼食タイムに、花嫁衣裳を着た宮下明子園長らを乗せて2台の人力車が登場。会場を1周めぐった後、佐藤歩代表ら4人が2人乗りの人力車2台を運行し、1周回の試し乗りを順に提供した。

 会場となった中庭には、未満児から保育園、幼稚園児ら親子約400人が集合。列をつくって並び、順番が来ると、お父さんやお母さんと一緒になって乗り、見守る家族や友だちたちに満面の笑みを向けていた。

 年長園児の一人(5)は「すごく速くて楽しかった」と振り返った。

 ルンルン運動会は、秋とは異なり、自由に体を動かして楽しむことが目的。園児たちはゲームや踊りをしながら伸び伸びと体を動かし、友だちや保護者と楽しいひとときを過ごした。

 宮下園長は「人力車に乗る貴重な体験を楽しむことができ、感謝したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio