今田平でブドウ狩りスタート

地域の話題

[ 2019年 8月 17日 土曜日 13時45分 ]

 飯田市龍江の農業法人「今田平」が管理する果樹園で10日、今シーズンのブドウ狩りの営業が始まった。初日から県外の観光客や帰省客を中心に、個人客から団体客まで多くの人が訪れてにぎわっている。

 約50アールのブドウ棚で栽培しているのは5品種。まずは鮮やかな赤さと糖度の高さが特徴的な「ノースレッド」が食べ頃になり、お盆頃に「ナイアガラ」が食べ始めを迎えている。今月下旬から「スチューベン」「安芸クイーン」「巨峰」と順に適期を迎える。

 名古屋市の高山義美さん(74)は、飯田下伊那を訪れる観光ツアーに夫婦で参加。その場で収穫したブドウを味わい「お盆なのでどこかへ行こうと、申し込みができるツアーを妻と探して参加した。こういうブドウは初めてだが、おいしい」と笑顔を見せた。

 ブドウ園は1999年に開園。岐阜県東濃地方や名古屋市近辺から来園する人が多いという。

 大平盛男社長は「今年は春先の低温、7月の日照不足などの異常気象の中で管理に苦労したが、8月に入り十分な日照になり見事なブドウになった。これから本来のブドウの味になってくれる」と話している。

 入園料は小学生以上800円。小学生未満無料。安芸クイーン・巨峰の開放時期からは1000円になる。

 予約は同法人(電話27・5020)へ。

◎写真説明:ブドウ狩りを楽しむ来園者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞