令和を記念し天龍村「おきよめの湯」で植樹

地域の話題

[ 2019年 5月 1日 水曜日 14時12分 ]

 令和時代の幕開けを記念し、天龍村は1日、村温泉施設「おきよめの湯」の駐車場土手にオオヤマザクラを記念植樹した。

 植樹には永嶺誠一村長をはじめ、おきよめ観光協議会の原田岩治会長や恩沢利弘向方区長、マスコットキャラクターの「おきよめっち」が参加。高さ150センチほどのオオヤマザクラの苗木1本を丁寧に定植した。

 永嶺村長は「桜の花がきれいな花をいっぱいつけるよう、令和の時代が天龍村や村民にとってたくさんの幸せの花を咲かせられるよう心を込めて植えた」と話した。

 この日はおきよめ観光協議会主催のイベントも催され、同温泉はにぎわった。

◎写真説明:令和時代を迎え、記念植樹する永嶺村長(左)ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞