伊賀良で続く異年齢交流

地域の話題

[ 2015年 7月 16日 木曜日 9時10分 ]

 飯田市伊賀良まちづくり協議会のひまわり子ども委員会(松澤崇之委員長)によるミニキャンプがこのほど、伊賀良小学校で開かれた。伊賀良小の児童を中心に、過去最多の300人余が参加。保護者や住民、中学生や招待した山本小児童とともに異年齢の交流を楽しんだ。

 ミニキャンプは地域主催の子どもたちの異年齢交流の場として続いており30回目の節目を迎えた。記念にことし登場した伊賀良のマスコットキャラクターいがりんをあしらったバッジを作成し参加児童、スタッフに配布した。小中連携の一環で同じ中学校区の山本小の児童13人を招待、旭中からも34人が参加した。

 集まった子どもたちは8―10人ずつ37のグループに分かれて飯ごう炊さんを体験した。各グループごとにメニューを考えて近くのスーパーに買出しに。購入してきた野菜や果物を切ったり、火をおこして鍋を温めたりと協力しながら作業した。

 暑さと煙で、悪戦苦闘しながらも中学生や大人のサポートでご飯を炊き、カレーやシチューなどを調理。夕食を食べ終わった後は、キャンプファイヤーを囲んでフォークダンスやレクリエーションを楽しんだ。

 旭中3年生の男子生徒の一人は「中学生になると、立場が変わって教える大変さもあるけれど、久しぶりに小学校に来ることができて懐かしい」と語った。

 ひまわり子ども委員会の松澤委員長は「さまざまな団体で受け継ぎ、30年間続いてきた。子どもたちにとって異年齢交流はもちろん、火を起こしたり、お米を炊いたりすることを体験できる貴重な機会になっている」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30