伝統の民謡踊りに輪 喬木村阿島で祇園祭

地域の話題

[ 2017年 7月 31日 月曜日 15時42分 ]

輪ができた阿島民謡踊り

 喬木村阿島の夏の風物詩「喬木荘納涼祭 阿島区祇園祭」(阿島区、喬木荘主催)が7月29日に開かれ、多くの親子連れらでにぎわった。

 祭りは県飯田養護学校の「あじまっこ太鼓」による和太鼓演奏で幕開け。喬木吹奏楽団の演奏や地域で活動するダンスグループ、よさこいソーラン踊りなどが続き、どれも熱演に来場者から大きな拍手が送られた。

 午後6時半すぎ、保存会を中心にした阿島民謡踊りが始まると祭りの熱気はピークを迎えた。浴衣姿の住民や中学生らが大きな輪をつくり、受け継がれる伝統の踊りに思いを馳せた。

 会場となった喬木北保育園内に舞台を特設した。周囲にはさまざまな夜店も並び、会場は活気にあふれた。

 20年間廃れたままになっていた阿島祇園祭を復活させようと2006(平成18)年に再開し、阿島区と喬木荘が連携して毎年この時期に開催している。

 共催による祭りは13回目。今年は喬木荘の開設25年の節目にも当たり、ステージには横断幕が新たに掲げられた。

 区長の舟登秀一郎さん(67)は「華美さはないけど、住民手づくりの祭りとして今後も続けていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞