伝統の民謡踊りに輪 喬木村阿島で祇園祭

地域の話題

[ 2017年 7月 31日 月曜日 15時42分 ]

輪ができた阿島民謡踊り

 喬木村阿島の夏の風物詩「喬木荘納涼祭 阿島区祇園祭」(阿島区、喬木荘主催)が7月29日に開かれ、多くの親子連れらでにぎわった。

 祭りは県飯田養護学校の「あじまっこ太鼓」による和太鼓演奏で幕開け。喬木吹奏楽団の演奏や地域で活動するダンスグループ、よさこいソーラン踊りなどが続き、どれも熱演に来場者から大きな拍手が送られた。

 午後6時半すぎ、保存会を中心にした阿島民謡踊りが始まると祭りの熱気はピークを迎えた。浴衣姿の住民や中学生らが大きな輪をつくり、受け継がれる伝統の踊りに思いを馳せた。

 会場となった喬木北保育園内に舞台を特設した。周囲にはさまざまな夜店も並び、会場は活気にあふれた。

 20年間廃れたままになっていた阿島祇園祭を復活させようと2006(平成18)年に再開し、阿島区と喬木荘が連携して毎年この時期に開催している。

 共催による祭りは13回目。今年は喬木荘の開設25年の節目にも当たり、ステージには横断幕が新たに掲げられた。

 区長の舟登秀一郎さん(67)は「華美さはないけど、住民手づくりの祭りとして今後も続けていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞