伝統文化を感じて

地域の話題

[ 2021年 1月 6日 水曜日 15時36分 ]

 喬木村小川の真浄寺(永井真寿住職)で3日、新春恒例の書き初め大会が開かれた。同寺で書道を学ぶ小学生から高校生までが、真剣な表情で筆を運び、日本の伝統文化を感じた。

 同寺の習字教室には、喬木村内をはじめ飯田市などから約80人が通う。書き初め大会は、小中学校の冬休みの宿題や高校生の展覧会向け作品制作を兼ねたもの。

 書き初めをはじめとした日本の書道文化をユネスコ無形文化遺産登録しようという運動を踏まえ、伝統文化の一つとして書道を体感し文化・道徳を身につけてもらおうと開催している。

 村内や飯田市の小中学生、高校生約70人が参加。手本を見ながら一つ一つの字を練習し、紙全体に配置を決めてそれぞれの課題の字を書き上げた。永井住職から指導を受けながら仕上げていった。

 毎年書き初め大会に参加している喬木中3年の女子生徒は「教えてもらえるのでうまく書ける。今年もいい年にしたい」と話した。

 「先人の努力と継承によって成り立っている書の文化を伝えていきたい」と永井住職。「お正月に生活リズムが崩れがちになる。書き初め大会を通じて体調を整えてもらえたら」と話していた。

◎写真説明:真浄寺で書き初めする子どもたち

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞