住民の手で守り続け

地域の話題

[ 2020年 3月 30日 月曜日 16時58分 ]

 飯田市毛賀の「くよとの桜」が満開となり、訪れた人の目を楽しませている。地元の「毛賀くよとのシダレザクラ愛護会」が毎年手入れを行い、樹齢約350年の名桜を守り続けている。

 愛護会の高橋裕夫会長(75)によると、例年は25日から30日ごろに開花するが、今年は22日に開花した。ここ10年では最も早いという。28日に見ごろを迎えた。

 日曜日の29日午前はあいにくの雨だったが、雨がやんだ午後になると、家族などで見物に来る人の姿が見られ、桜と一緒に写真を撮っていた。飯田で働いているというベトナム人の男女3人は「すごくきれい。ベトナムには桜がないので感動した」と話した。

 夕方からはライトアップされ、幻想的な風景を広げた。

 愛護会には毛賀区民ら約130人が所属。毎年、桜の手入れや周辺の整備をしている。20日には約20人で桜のせん定を行った。文吾林造園(同市北方)が高所作業車で枯れた枝や、太い幹から生える余分な枝を切り落とし、落ちた枝などを会員が集めて焼いた。

 桜の周辺には南北に向かってハナモモが約80本植わっている。1月末に会の役員が電線にかかる枝などをせん定。昨年6、8、10月にも除草作業に汗を流した。

 高橋会長は「年間を通じて手入れをしているので、咲く姿を見ると万感の思いがある。今年は特にピンクが濃くてきれい」と語り、「これだけの樹齢の名桜を次代に引き継いでいけるよう、活動を続けていきたい」と話した。

◎写真説明:ライトアップされた「くよとの桜」(29日撮影)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞