信州DCでオープニングセレモニー

地域の話題

[ 2017年 7月 1日 土曜日 14時16分 ]

003DC

 県、市町村、JRグループが協力し実施する大型観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)」が1日、スタートした。南信州地域では当日「信州DC記念秘境駅号」が運行され、平岡駅ホームでオープニングセレモニーなどが開かれた。

 これに先立ち、飯田駅横のアイパークでは、オープニングイベントと同時開催の「GAKUSAI宴」が繰り広げられた。あいにくの雨でミニSLの運行は中止になったが、市町村の物産販売・飲食ブースや、学生たちがエネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げ、信州DCの開幕を盛り上げた。

 GAKUSAI宴は、丘の上の活性化を目指す飯田駅前中央通り3・4丁目の商店でつくるGARDEN4Sが、今年は信州DCに協力を依頼され、短大生にも対象を拡大。高校生フェスティバルから名称を変更し、グレードアップした。

 飯田女子短期大学と飯田風越、飯田OIDE長姫、飯田女子の3つの高校の学生たちが書道や音楽、舞踊など12のパフォーマンスを発表した。途中、秘境駅号の出発を見送り、到着を出迎えた。

 開会式でチーフディレクターの長沼秀毅実行委員長(59)は「練習の成果を思う存分発揮して若者の元気なところをアピールして」と激励。牧野光朗市長は「装い新たなイベントとして信州DCのオープニングを飾る心意気に感謝する。熱意をもってたくさんの方を迎えて」とあいさつした。

 飯田風越高校書道部の書道パフォーマンスでは、11人の生徒が「宴」の文字とともに「太陽のように輝いた笑顔の輪を広げよう。学生の集まるこの場所から飯田のまちの未来に向けて」とのメッセージを飯田の発展を願って力強く書き上げていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞