信玄の狼煙を再現

地域の話題

[ 2020年 8月 31日 月曜日 16時43分 ]

 武田信玄が情報伝達の手段として狼煙(のろし)の広範なルートを構築したとされる南信の関係地域で作る「武田信玄狼煙会」は8月29日、恒例の狼煙リレーを行った。13回目を迎える今回は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小。根羽村から辰野町までをつないだ。

 北上する経路で午前10時から、根羽村、平谷村、泰阜村、阿智村、下條村、飯田市(上久堅、三穂、山本、龍江)、喬木村、豊丘村、高森町、松川町、中川村、伊那市、箕輪町、辰野町の14市町村、32カ所で順に煙を上げた。

 例年は各地点でイベントを企画しているが、今年は関係者のみで狼煙を上げた地域が多かった。

 できる範囲内で例年通りのイベントを企画したのは神之峰(飯田市上久堅)、兎城跡(同市龍江)、吉田城山・吉田古城(高森町)の3地区。うち第1回から参加している神之峰では、武者姿の小学生が点火をした。

 参加者たちは、午前10時10分ごろに下條村の極楽峠パノラマパークなど数地点で狼煙が上がったのを確認。重さ約5キロのよろいを着た上久堅小学校6年生の児童2人がたいまつで点火した。

 竹と杉の葉で作った高さ2メートルほどのやぐらが勢いよく燃え上がると、集まった約20人の住民から歓声が上がった。

 児童らは「怖かったけどめったにできないことだから体験できて良かった」、「よろいは初めて着たが暑い。ちゃんとやぐらが燃えたので安心した」と話した。

 上久堅公民館の長沼成館長(68)は「今年は他の地域も真っすぐ上がったようで何より」と話した。

 武田信玄は根羽村の杣路峠から甲府までの間に狼煙台を数多く配置し、山河の情報を伝達していたとされ、狼煙台のあった飯伊二十数カ所は強く結びついていたという。

◎写真説明:やぐらに点火する児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞