信玄公がつないだ縁 命日に栗の木を植樹 根羽村横旗

地域の話題

[ 2016年 4月 14日 木曜日 15時03分 ]

 戦国武将・武田信玄公の命日にあたる12日、根羽村横旗の信玄塚で植樹祭が行われた。根羽小学校の全校児童24人と横旗11戸の住民、信玄公の祭典が縁となって交流を続ける愛知県の住民らが参加し、国道153号ののり面に栗の木43本を定植した。

 横旗は信玄公が没したと伝わる地で、毎年命日に合わせて信玄塚のある八幡神社で春の例祭を行っている。昨年の祭典には、たまたま立ち寄った名古屋市の愛河調査設計社長、山本四十三さんが参加した。「国道のり面の草の管理が大変なので栗の木を植えたい」との氏子の話題に山本さんが苗木の提供を申し出て、同席した根羽小の小林高志校長も植樹に児童が参加することを快諾、ことしの植樹祭が実現した。

 参加した人々は、地面に30センチほどの穴を掘り、肥料を入れてほぐすと用意された苗木を1本ずつ植えていった。みどりの少年団団長で根羽小6年の児童(11)は「まだ小さい苗木だけど、大きく育ってほしい」と話した。植樹後は信玄塚を参拝し、地域の女性たちが手作りした五平餅を食べて交流を深めた。

 植樹祭には山本さんはもちろん、同様のきっかけで10年ほど前から交流している愛知県豊田市小原町の成瀬弘さんも参加。横旗の国道沿いに植えてある四季桜は成瀬さんが苗木を提供したものだという。

 実行委員を務めた坂巻秀高さんは「小さな集落だが、子どもたちや遠方の方々の協力でにぎやかに植樹ができた。木が成長したころに栗拾いに来てもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01