元善光寺「善心光梅」が満開

地域の話題

[ 2014年 3月 28日 金曜日 9時53分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺に植わる梅の木「善心光梅(ぜんしんこうばい)」が満開となり、甘い香りを漂わせている。

 同梅の木は、2009年に同寺と観光協会が愛称を公募。県内外から寄せられた55案のうちから「本多善光公の名をいただき、いまの荒廃した世を洗い流し、自然に咲く梅の花のような善の心で、さらに輝くように」との思いを込めた同市座光寺の松川初恵さん(当時67)の愛称を満場一致で採用した。

 同寺の麻績の里遊歩道入口に植わり、推定樹齢は150年。つぼみはピンク色、花は白色と上品な風情を漂わせ、毎年開花を楽しみに待つ参拝者は多く、団体観光客にも人気がある。同寺によると満開から1週間は楽しめるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞