元善光寺で恒例の七草だるままつり開く

地域の話題

[ 2011年 1月 8日 土曜日 8時28分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺(本多秀賢住職)で7日、恒例の「七草だるままつり」が行われた。地元住民や、初詣に訪れた参拝者などから寄せられた、役目を終えただるまや縁起物、お守り、お札などが供養され、燃やされた。

 午前9時過ぎ、本多住職の読経に続き、境内の弓道場に準備した大きな穴に積み上げられた、大小300個余りのだるまに、たいまつで点火。破魔矢や熊手などの縁起物も次々と燃やされた。見守る参拝者らは、これまでの生活を守り、願いをかなえてくれた縁起物に感謝の気持ちを込め、手を合わせていた。

 本多住職は「昨年は猛暑など気象の影響で、さまざまな被害があった。ことしは皆様が穏やかに安心して暮らせるよう願いたい」と話していた。

 元善光寺では、以前は本堂で七草がゆを提供するのが通例行事だったが、地域でのどんど焼きが減少する中、30年ほど前から、縁起物を供養して燃やす内容へ変更したという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞