元善光寺で節分会開く

地域の話題

[ 2010年 2月 4日 木曜日 8時07分 ]

 飯田下伊那地方の寺社など各地で3日、節分行事が行われ、飯田市座光寺の元善光寺(本多秀賢住職)でも午前10時、午後2時、同6時の3回、天台密院秘法の大護摩祈とうによる「節分会(え)」が本堂で開かれた。午前10時の会には、厄年にあたる人や一般ら、多くの参拝者が足を運び本堂を埋め尽くした。

 大護摩祈とうでは、本多住職が護摩木をたき、それぞれの厄除け、家内安全、商売繁盛、入試合格、交通安全などを祈願。参拝者らは目を閉じ、頭を下げなら住職が読み上げる経に聞き入っていた。

 豆まきは「鬼も精進すれば仏になる」という仏性を尊重する同寺の教えに従い、掛け声は「福は内」のみ。かみしもを着た世話人や厄男が升に入った福豆を参拝者に投げると、「こっちにも!」と「福」を求めてあちこちから大きな声が飛んだ。

 また、本堂前では宝船や福みなどの縁起物が販売され、人気を呼んだ。

 厄年は男性が25、42、61歳、女性は19、33、37歳。その前後も前厄、後厄として忌み慎む年とされる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞