元善光寺の初詣 三が日で参拝客3万人

地域の話題

[ 2016年 1月 5日 火曜日 13時45分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺(本多秀賢住職)には、ことしも正月三が日で多くの一般参拝客が訪れた。恒例の先着108人が除夜の鐘をつき、新年を祝った。

 大みそかの打鐘に続き、元旦の「修正会(しゅしょうえ)」、三が日特別初祈とうなどが執り行われる中、参拝後は人気がある同寺限定のオリジナルお守りを購入する人たちで本堂前はにぎわった。

 同寺によると天気も良く「元旦は例年よりも多かったのでは」と三が日で約3万人が訪れ、混乱などもなかったという。

 7日には恒例の「七草だるままつり」を開く。初詣客で住民から託された古いだるまや縁起物、お守りなどを供養して燃やす。祈とうと点火は午前9時。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞