公正社会の実現へ団結 88回目の連合系メーデー

地域の話題

[ 2017年 4月 29日 土曜日 13時00分 ]

風越公園で開いた集会

 連合系の第88回飯伊地区メーデーが29日、飯田市小伝馬町の飯田風越公園を主会場に開かれた。青空の下、労働組合など各団体から家族を含む約1500人(主催者発表)が参加。式典やアトラクション、デモ行進を通じて、賃金の底上げや公正な社会、平和の実現などを訴えた。

 メーンスローガンに「働く者の連帯で『ゆとり・豊かさ・公正な社会』を実現し、自由で平和な世界をつくろう」を掲げた。

 実行委員長で連合長野飯田地域協議会の竹村進議長はあいさつで、今春闘の情勢に触れて「中小企業の賃上げ平均は大手を上回っている。人手不足に対する経営者の危機感の現れと推測できる」と指摘。「原点に立ち返り、組織力、統率力を高め、本気になって取り組もう」と呼び掛けた。

 会場内ではプラカードコンテストやSTOP!長時間労働アンケートなどを実施。震災被災地や生活困窮者への支援活動も展開した。

 「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて連帯強化を誓うメーデー宣言を採択した後、デモ行進に出発。参加者たちは会場から桜町、伝馬町、銀座にかけて進み、「すべての働く者の賃金底上げ」「長時間労働の根絶」「生活困窮者の就労支援」などを訴えるシュプレヒコールを響かせた。

 労連系のメーデーは5月1日午前9時半からJR飯田駅横のアイパークで集会を開く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞