冬の夜に幻想的な光 平谷アイスキャンドル

地域の話題

[ 2019年 1月 28日 月曜日 15時12分 ]

 平谷村の冬のイベント「アイスキャンドルinひらや」が26日、道の駅向かいのほっとパークひらや郷で開かれた。スキー帰りの温泉客や村内の親子連れ、近隣のカメラマンなどが訪れ、氷の器に反射する幻想的なろうそくの明かりを楽しんだ。

 氷点下15度以下の厳しい寒さが続く平谷村で冬の寒さを楽しさに変えようと住民主体の催しとして始まり、11回目を迎えた。

 今冬は暖冬傾向が続き、氷点下10度以下になる日が少なく氷の器作りは簡単ではなかったものの、実行委員会で350個の器を用意。一般から持ち寄られたものを含め500個ほどのアイスキャンドルが並んだ。

 たいまつでの点火セレモニーでは花火も夜を彩った。子ども向けにそり遊びコーナーや雪玉をアイスキャンドルに飾り付ける催しも。マシュマロ焼きや豚汁の無料配布もあり、たき火で体を温めながら寒い冬を楽しんだ。

 愛知県豊川市から家族で訪れた男性(40)は「毎年冬にこちらへスキーに来ているが、アイスキャンドルは初めて見た。いい時に来られて良かった」と話した。

 川上金司実行委員長(77)は「吹雪や雨の日もあったが、天候に恵まれた。11年続けて訪れる人も多くなり、イベントが定着してきたようだ」と目を細めた。

◎写真説明:幻想的なアイスキャンドルを楽しむ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞