冬を彩る平谷「ひまわりの森」 4万6000球のイルミネーション

地域の話題

[ 2015年 12月 7日 月曜日 13時46分 ]

 平谷村の観光拠点「信州平谷温泉ひまわりの湯」敷地内に整備してきたLED(発光ダイオード)イルミネーションの装飾が完了し、4日に点灯式が開かれた。ことしは昨年より2万球ほどが増え4万6000球に拡大。宿泊施設の前に設けられた「ひまわりの森」から敷地内を横断する「せせらぎ水路」を通り、温泉施設前までを幻想的に彩っている。

 国道153号に面した同施設の前を環境に配慮した明かりで彩り、冬場の呼び物にしようと、同施設と村観光協会が2010年から始めた取り組み。毎年約200万円をかけて規模を拡大してきたが、ことしは地方創生関連の予算で大幅に拡大。メーンとなるひまわりの森部分はことしで完成した。

 雪の降る肌寒い天候だったが、点灯式には宿泊客や村内の子どもからお年寄りまで多くの人々が集まった。カウントダウンとともに色とりどりの光に彩られたイルミネーションが輝くと歓声が上がった。

 ひまわりの森では、黄色く輝くヒマワリが森のように並び、せせらぎ水路では輝く木々の下にトナカイなどの動物たちの姿も。平谷小4年男子児童(10)は「去年も見たけれどすごくきれい。近くにこういうものがあってうれしい」、兄弟で訪れた2人は「色がたくさんあってきれい。ヒマワリもかわいかった」と話していた。

 来年イルミネーションは3月6日までの期間、毎日午後5時から同9時まで点灯する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞