冬至にあわせ市内小中9校の給食「地元カボチャで元気に」

地域の話題

[ 2012年 12月 22日 土曜日 13時33分 ]

 冬至の日の21日、飯田市三穂地区で作られた「万次郎カボチャ」を使った献立が市内の小中学校9校で提供された。子どもたちは風邪が流行っているこの時期に、カロチンなどの栄養素を多く含む地元産かぼちゃをほお張り、健康維持に努めた。

 三穂地区農業振興会議(林高功会長)とあじさい会(坂巻京子代表)が遊休農地対策として昨年から栽培し始めた同カボチャ。ことしは株数を6株から10株に増やし、倍となる600個ほどを収穫した。一般的なカボチャよりも甘味があり、栄養価も高いという。

 冬至に合わせた「食育の日」のこの日、「学校給食にもぜひ使ってほしい」という両団体の厚意により、矢高調理場などが調理している給食に使われ「カボチャすいとん」として子どもたちに振る舞われた。

 市立鼎小学校(児童数767人・近藤一彦校長)では給食の時間に放送で万次郎カボチャが紹介された。

 児童らは「甘さがすごくて、今まで食べた中で一番のカボチャだった」「やわらかくておいしい」と笑顔を浮かべた。

 前日から準備し、5200食を調理した矢高調理場の佐々木雅子場長は「地元の小学生も一緒になって大切に育てたカボチャ。しっかり味わい、農に対して意識を向けてほしい」と願っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24